新川流域水害対策計画
(各項目をクリックすると、計画本文がご覧になれます)
表紙・総説・目次
第1章 特定都市河川流域の現状と課題
  第1節 流域と河川、下水道の概要  
    第1項 流域の概要  
    第2項 河川の概要  
    第3項 下水道の概要  
  第2節 流域の浸水被害の状況  
  第3節 治水対策の沿革と現状の課題  
    第1項 総合治水対策の沿革  
    第2項 現状の課題  
第2章 特定都市河川流域における浸水被害対策の基本方針
  第1節 基本的な考え方  
  第2節 流域水害対策計画の目標  
    第1項 計画対象区域及び計画対象期間  
    第2項 特定都市河川流域において都市洪水又は都市浸水の発生を防ぐ
    べき目標となる降雨
 
  第3節 流量分担に関する考え方  
第3章 特定都市河川等の整備に関する事項
  第1節 河川工事の目的、種類及び施行の場所  
第4章 特定都市下水道の整備に関する事項
第5章 特定都市河川流域において河川管理者及び下水道管理者以外の者が行う
    浸水被害の防止を図るための雨水の一時的な貯留又は地下への浸透に
    関する事項
第6章 下水道管理者が管理する特定都市下水道のポンプ施設等の操作に
    関する事項
  第1節 新川流域排水調整要綱  
  第2節 情報の伝達・共有、指揮体制  
第7章 浸水被害が発生した場合における被害の拡大を防止するための措置に
    関する事項
  第1節 防災情報の事前周知  
  第2節 洪水時及び災害発生時の情報収集・伝達  
第8章 その他浸水被害の防止を図るために必要な措置に関する事項
  第1節 流域水害対策計画の推進及び弾力的運用  
  第2節 モニタリング  
  第3節 計画の見直しに関する事項  
  第4節 流域における対策のための継続的な課題に関する事項  
  第5節 住民等による対策の促進に関する事項